2010年11月19日金曜日

 ― 転ぶときの空 ―

  
  蒲団にも舵といふものありとせば      青山茂根

 
 ほの暗い起き抜けのひとときが過ぎて、家々の屋根の隙間から次第に青空が広がっていく冬の朝は、ふと氷湖を思い起こす。周囲を針葉樹の山々に囲まれた、凍りついた、天然の湖。記憶の底にある、小さな原石の光で。

 街中にある、青天井をもつアイススケート場は、ニューヨークの冬の風物詩として毎年ニュースで伝えられるし、欧州の北のほうへ行けば、市民の冬の楽しみとして一般的なものらしい。ここ数年、いささか整いすぎに修復された横浜の赤レンガ倉庫(以前の、薄暗い、所々欠けたりした不ぞろいな煉瓦の作り出す陰影も良かったのだ)の前でも、真冬のイベントとして、屋外のスケートリンクが作られる。夜空と、ライトアップされた光景はなかなかのもので、数回見に行ったが、いざスケート靴を履いて銀盤に足を乗せてみると、氷の状態があまり良くないのが気になってしまい、それから滑るほうはしなくなってしまった。暗い海を背景にした、白く発光するその一ところは、見るためにだけ訪れても充分価値があるけれど。

 というほど、スケートが上手いわけではなく、偉そうなことは言えないのだが、幼い頃、連れて行ってもらった山の中の天然のスケート場が時折目に浮かぶ。厳寒期に凍った湖を、磨いて作られたその光景は、半透明の氷の輝きが鏡などというより、その奥に氷の宮殿でもあるのではと思えるような、神秘的な輝きを放っていた。長野県の、麻績(おみ)村というところで、特に係累があるわけでもないのに母が気に入って数回訪れた地だった。幼い頃、数日間泊り込んで現地の方にスケートを教えてもらったのだ。街中のスケートリンクと違い、貸し靴がスピードスケート用しかなくて、初心者には立っているのさえ難しかった。スピード用は、刃が薄いので体重を乗せるコツがつかみにくい。フィギュア用の先にぎざぎざがついた靴ならどんなに良いかと思いながら、しかし、氷が傷つくからそこでは禁止されているという話だった。屋内のスケートリンクのように、周囲につかまるところもあるわけではない。冷たくなる指先と、転んでばかりで痛むお尻、寒風でゆるむ鼻先と、あまり良い思い出ではなかったのだが、なぜか、何十年も経った今になって、あの氷湖の風景が蘇る。そのつらかった特訓のせいか、それ以後はあまり街中のスケート場にも足を運ばなかった。なので上達しないまま年月が過ぎた。

 幼いものを連れていくようになって気づいたのは、同年代の母仲間などが結構スケートに親しんだ世代だったらしいことで、自分専用のスケート靴を持っている人までいる。数回連れて行っただけなのに、いまや幼いものたちのほうが上達してしまい、一人で練習を重ねながら、あの湖も、近年の暖冬でスケートが出来るほどには凍らなくなってしまった、という話を思う。いつか、スピード用の靴で、あの氷上を滑走したかったのだが。
 

2010年11月5日金曜日

 -― 人生変えたい? ―

 
 未知なる食べ物との遭遇は、いつも胸躍るもので、といっても流石にゲテモノに挑戦するのは控えている。ベトナムは爬虫類から両生類、昆虫関係までかなり豊富という話だが、私が行った数日前にそういった飲食店もある巨大市場界隈で外国人観光客の強殺事件があったとかで、現地旅行社の人に止められたので行っていない。いえ、正直なところやはり見た目も美味しそうなものが食べたい。意思が軟弱なだけだ。未踏の地の未知なる味に常にふらふらと吸い寄せられてしまうのだが、いまだ蝙蝠のスープさえ体験していないのは少し恥ずかしい。

 旅先でつい、アジア各地の料理店を探してしまうのは、やはりアジアの片隅である日本に育った者の胃袋がそちらを求めるからか。欧州などで、タイやベトナム、中国料理などの高級店に入ってしまうと、ヨーロピアン向けの味にアレンジされていたりして外す場合が多い気がするが(その国の人々が住む移民街にある店は簡素でも味は本場っぽく美味。しかもお財布に優しい)、インド料理は東京以外なら(東京は外す店多し!怒!)、自分が行ったことのあるいくつかの国の大都市においてではあるが、どこもアジア人には満足いく味であったように思う。つまりどこの国に行ってもインド料理屋を見つけると入らずにはいられない習性らしい。そしてどこの大都市にもなぜかインド料理屋の看板は見つかるのだ。(あ、ユダヤのサンドイッチ、ピタに挟んだファラフェルも大好物。先日のワールドカップ中継のとき、オシム氏の解説の様子がツイッター上で流れていたのだが、中継時につまむメニューのラインナップに、スシの翌日ファラフェルサンドが登場したときは、おお!と感動した。たぶん私以外誰も覚えていない?)

 なのに、インドへは一度も行っていない。学生時代から周囲にはインドを旅してきた人ばかりで、学生の貧乏旅行からマハラジャの宮殿ホテルを渡り歩いてきた親世代までいろいろ話だけは聞かされてきた。「インドへ行くと人生変わるよ」という言葉も以前よく聞いた。昔なつかしのチューリップという音楽グループが再結成をしたときに、「この人はインドへ行っちゃって、そのままなんですよ」と財津和夫に紹介されていたギタリストがいたが、確かにそんな、インドへ行って人生変わっちゃいましたといった風貌だった。本当に、「人生変えたいんだー」と言って出かけて行った友人もいたが、その後も会社員は続けていたような。いやあれはどろどろの恋愛関係をなんとかするためだったのかも。ま、そういう状況での場面転換的にも、使われるツールがインドへの旅であった気がする。同様に使われていたものとしては、「ちょっと、ネパール行ってくる」もあったが、どちらも私は訪れていない。

 やはり絶版になっている本ながら、インドといえば!というのが、『星降るインド』(後藤亜紀 著 講談社 1981)。単なる旅行記ではなく、2歳と6歳の子供を連れてインド大使館勤務の夫とともに現地で暮らした記録であり、様々なカーストの人々と、時に友人として、使用人を雇う側として、関わった事実が描かれている。それぞれの階級に、職業に属する人々の考え方、日々の食物や幼いものの成長を通して、見えてきたありのままの姿は、生半可な知識や偏見を吹き飛ばしてしまう。もちろん、その書かれた当時とは時代も違うし、世界的にIT化が進んだ現在には当てはまらない面もあるのかもしれないが、根本的な人々の考え方は、この著者が体験し、見つめてきたままなのだろうと思う。何度も読み返し、そのたびに、「いつか行くぞ!」と思っているだけの臆病な読者ながら。


  菊人形の中にアダムとイヴ探す      青山茂根   

       

2010年11月2日火曜日

「ちっちゃいって言うな!」と小日本は言った   上野葉月

もう何週間も前のことになるのだけど、毎週金曜日にやっているITインフラ関係の電話会議でオランダ人の同僚が「ところで中国と日本のConflictどうなってるの」と半ば冗談めかして(半ば本気で?)尋ねたりしていたのだが、少なくとも業務の方は通常通り。この数ヶ月なんの変化もなく上海相手に電話したりチャットしたりする毎日です。だいたい私のアルバイト先の企業のアジアパシフィック圏は実質的に上海/東京の二重HQ体制と言っていい状態なので、仕事上の連絡は常に欠かせない。電話なんて内線で繋がるし。

Conflictなんて言葉が出てきたけど、人死がひとりも出てないような事件は常識的に見てConflictではない。今も世界中のあっちこっちの紛争で何人も死者が出ている。
例の中国人船長が拘束された当初はLeMonde辺りでもちょっとした記事になったりしたのだけど、その後はほとんど記事になっていない。世界各国のマスコミでも同様だろう。米国でもほとんど話題になっていない。
中国での反日デモにしても中国の国営放送はもちろん報道しないわけだし、欧米のマスコミにとってもニュースバリューがない。
ほとんどどこでも話題になっていないのに日本のマスコミだけ反日デモを嬉々として報道するのは何故なんだ。そのくせ日本での反中国デモに関しては日本のマスコミは一切報道しない。赤坂の勤め先に通っている人間が渋谷でやってる7000人規模の反中国デモをTV・ラジオではなく、海外のニュースサイトで知る始末である。

本当に日本のマスコミって何がなんだかわからない。NHKが大本営発表をそのまま流していた時分から、ずっと変わらず奇妙なままなんだと言われてしまうと返す言葉もないが。

そんな釈然としない、捻れたような気分とでもいうものを抱えていたのは私だけではないと思う。そんな気分の発露と言うべきもののひとつが昨今の画像系サイトの日本鬼子ブームだ。“ジーベングイズ”ではない。“ひのもとおにこ”である。

知っている人には説明するまでもないことではあるが、知らない人にはなんのことだかさっぱりわからないだろうから簡単に経緯を説明しておきたい。

WEB上の某巨大掲示板の住人が、反日デモの決まり文句、日本鬼子(ジーベングイズ)を逆手にとって「日本鬼子って萌えキャラ作って中国人を萌え豚にしようぜ」と呼びかけて、次々と画像案が集まりだしたのが10月21日(それにしても「萌え豚」とはひどい言い回しである。中国の友人達のために日本人を代表して『遺憾の意』を表明しておきたい)。

当初、日本のオタクたちの間ではそれほど話題にならなかったと言っていいのだが、中国のオタクたちはいち早く反応したらしい。

中国のオタク事情や中国語に詳しい百元籠羊さんという管理人のブログ『「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む』で中国側の(困惑した?)反応が翻訳・紹介されたのが10月25日。
http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/51593329.html

********
・これが“日本鬼子”って……こんなとき、どんな顔をすればいいか分からない……orz

・こう来るとは全く思いもしなかった。あの国はやはりよく分からん……

・こんな手を打ってくるとは。あの国はまずオタクから何とかした方がいいんじゃないか?

・こっちは罵声(ばせい)を送っていたはずなのに返ってきたのは萌えキャラ……なんかもう、無力感にさいなまれる……

・やべぇ……日本はやっぱりやべぇ国だよ。ちょっと負けを認めるべきなのかもしれない。あ、基本は黒髪ロングでお願いします。

・日本鬼子まで萌えキャラにするなんて……あの国は本当に何でも萌えキャラにできるんだと痛感した。

・これはアレか。押し倒してハァハァしろということか。とりあえず日本鬼子の凌辱(りょうじょく)同人誌希望と言ってやんよ。

・小日本どもはこんなもんでおれたちが引っ掛かってると思っているのか!? 全くバカにしやがって……おれは触手モノが欲しいんだよ!!

・“鬼子”って中国語では相当な罵倒(ばとう)だけど、日本語だとどうなんだ? “子”がついているから普通に人名としてアリだったりするの?

・“鬼”って日本だとクールでカッコイイ意味もあるから、“日本鬼子”という名前として考えるとカッコイイと思われてしまうのかもしれない。てか日本人を罵倒(ばとう)するときはちゃんと言葉を選ばないと意味がないぞ。ちゃんと考えろ。

・これ、日本では孫子とかも“子”がついてるから萌えキャラにされちゃったりするのか?

・正直こういった蔑称(べっしょう)をスルーして萌えキャラ化できるってのは強いと思うわ。

・日本鬼子が萌えキャラだと? こうなったらあいつらをどう呼べばいいんだ? ジャップ(JAP)? それともキモオタ?

・キモオタでいいんじゃね? 二次元を抱いて溺死(できし)しろ、日本の魔法使いども。

・みんな待つんだ! 安易に萌えるんじゃない! 今の流行からして、実は男の娘だというワナがしこまれているかもしれないんだぞ!!
********

ざっとこんな調子。困惑しているというより明らかに喜んでいる書き込みもあったりする。
私の推測するところ、この記事がきっかけになり日本国内でも“日本鬼子”の知名度が上がり、PIXIVなどでも一気に投稿が増えた。ちょうど週末と重なったせいもあるかもしれないけど、あっという間にPIXIVでは投稿が500件を越えた。どうもみんな力が入っているらしく、いつもより平均してクオリティが高いように見受けられる。なんでだか、ミニスカート丈の振り袖というコスチュームが多かったりする。
http://www.pixiv.net/tags.php?tag=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%AC%BC%E5%AD%90
(ユーザー登録してないと閲覧できません)

英語系のアニメサイトなどでも話題になっている。
http://www.sankakucomplex.com/2010/10/28/japan-fights-china-with-moe-china-crushed/

「鬼子たんは俺の嫁!」みたいなお約束のコメントもあるが、元々日本好きが集まっているサイトなので「萌えの力を侮るな」「サイバー防御システム:オールグリーン」「戦争ってこうあるべきだ」「中国完敗www」「がいじんたん希望!」「賢いやり方だよ」「これだから日本が大好きなんだ」と威勢がいいというか、やたら高い評価。ちなみに私はこのサイトでmoeifyという英単語があることを初めて知りました。

別に日本が総力をあげて対応しているわけではなくイラストレータ達が反応しているだけなので「中国完敗」はちょっと言い過ぎのような気がします。たしかにセンスの良い対応だとは思いますが。まだ日本鬼子キャラデザイン投票期間なのにこれだけの注目を集めたのだから大成功ではあるでしょう。

ただ私的な好みを言わせてもらえば、日本鬼子より妹分の小日本(シャオリーベン)の方が気になります。うちにも孫がいたら小日本のコスプレをさせて「ちっちゃいって言うな!」って「小日本ごっこ」をして遊ぶのだが(結局今回も着地点はそこか!)。

暮の秋詩仙の月を杯へ  葉月